婦人

痩せにくい二の腕を細くしたいなら|脂肪吸引がベスト

たるみのない腕に

女の人

二の腕の脂肪吸引は、脇からおこなわれることが多いです。メスで1〜2センチほど切開し、そこからカニューレを挿入し、脂肪を吸い取っていくのです。カニューレは、脂肪を吸い取ることで奥へと挿入できるようになります。そして吸引しながら二の腕の内部をどんどん進み、最終的にはカニューレは肘に近い部分にまで到達します。そのため脂肪吸引によって二の腕は、脇から肘までまんべんなく細くなるのです。また、脂肪を除去した後には、上半身全体を圧迫するタイプの下着を着用することになります。袖が手首まであるので、着用することで二の腕を含む広範囲が締め付けられます。これにより肩や肘下の脂肪が二の腕に流れ込むので、腕は全体的に細くなるのです。

また昨今では、二の腕の脂肪吸引は、線維組織を避けながらおこなわれるようになっています。従来の脂肪吸引では、脂肪が吸引される刺激で、線維組織が部分的に裂けてしまうことがありました。裂けると、それによって肌の弾力が失われ、施術後にたるみが生じやすくなります。しかし現在は、線維組織に傷がつかないように、脂肪を柔らかくほぐしながら吸い取るという方法がおこなわれています。弾力が失われないため、脂肪を抜き取った後の肌は、伸ばしたゴムが縮まるように、自然に収縮していきます。これにより二の腕は、単に細くなるだけでなく、引き締まった状態になるのです。このことから、二の腕を美しくする方法として脂肪吸引を選択する人は、今後ますます多くなっていくと考えられています。

たるみ専門のクリニック

先生

プライベートクリニック吉祥寺では院長がカウンセリングからアフターフォローまで全て単独で行ってくれます。そのためクリニックは完全貸切制になります。ここはウルセラとサーマクール専門のクリニックで手術しない治療を行います。この機器を取り扱う院長の技術は高く評価されています。

この記事を読む

脂肪吸引の効果

腹部

普通にダイエットをしても部分ごとに脂肪を落とすのは大変です。しかし、脂肪吸引をすれば、ダイエットよりも効率的に脂肪が落とせます。新しいベイザーリポ脂肪吸引なら、リスクが少なく大量の脂肪を吸引できます。

この記事を読む

治療とアフターケア

照射

にきび跡の治療にはレーザーが適していますが、様々な種類のものがあるため、自分の肌には何が合うか医師と相談しましょう。治療には表面を削る方法と、細胞の代謝を促す方法があります。また、治療後の日焼けは色素沈着の原因になりますので注意しましょう。

この記事を読む